岡山市北区の内科・糖尿病内科・代謝内科 河合内科西口クリニック

086-251-2491

〒700-0026 岡山市北区奉還町1-2-3

メインメニューを開く MENU
トライアスロン大会事故予防

「NPO救命おかやま講演会2018」にてトライアスロン大会事故予防について発表の機会を頂きました。
事故を防ぐには、危険が予測される状況で大会を開催しない。体調不良時は大会に参加しない。仮に大会に参加し、スタートしても勇気を持って途中棄権する。
大会開催側もローカルルールを作り、積極的に選手に声をかける。など、意識する事が大切です。
トライアスロン、マラソンは他の競技と違って、トップを争うエリート選手と一緒にスタートする事ができる競技です。
過去のトライアスロン大会において、オリンピック・世界選手権出場レベルの選手に死亡事故は起きていません。一般アスリートの中高年層で事故は発生しています。
ついつい実力以上に頑張ろうと張り切ってしまう事も一因かと思われます。
今年は倉敷、高松、湯原など各大会が様々な理由で中止となりましたが、大会がなくても日々のトレーニングを続ける事が大切です。
あくまでも、毎日のトレーニングや大会への参加は、健康な身体・精神を得ることが目的だと言う事を忘れないようにしたいものです。