河合内科西口クリニック

岡山市北区奉還町の内科,糖尿病内科,代謝内科(往診応需) 河合内科西口クリニック

〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1-2-3
TEL 086-251-2491

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

トップページ»  院長のトレーニング日記»  院長のトレーニング日記

院長のトレーニング日記

院長のトレーニング日記
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

第7回中土佐タッチエコトライアスロン

秋晴れ、最高気温21度、海水温20度というコンディションのもと
スタンダードタイプの競技に参加しました。
11月のトライアスロン大会は初めてで、半袖スーツ着用でスイムに臨みました。
海は綺麗で、冷たさを感じることなく、気持ち良く泳げました。
バイクは10周と周回が多かったのですが、ほぼフラットで風を感じながら走れました。
最後のラン3周は走力不足できつかったです。
対面周回のため、上位選手の素晴らしい走りを直接確認、勉強する事が出来ました。
また、後夜祭は開始時刻が遅かった為、翌日の仕事に備えて不参加とし、帰路に
就きました。真夏の大会とは違う楽しさを味わった一日でした。
マーシャル、ボランティア、大会関係者の皆様有難うございました。

2018-11-19 16:00:55

第8回6時間リレーマラソン

10/14、最高のランニング日和のなか、約8000人のランナーが参加して
大会が開かれました。
昨年はクリニックでチームを作り、リレーマラソンに参加しましたが、
今年はまた以前のように医務室救護医として待機しました。
スタート時刻の10時以前から転倒者が出るなど、様々な訴えで総数22名の方が
医務室を受診されました。
過去にマラソン、トライアスロン大会参加者の虚血性心疾患事故は経験しましたが、
今回は脳血管障害発症と思われる半身麻痺状態のランナーを診ることとなり
救急搬送しました。
季節を問わず、脱水には1年を通して注意が必要ですし、予想外の事故が
起こることもあります。楽しく安全に競技を続けられるよう日頃から
十分な備えを心がけたいものです。

2018-11-06 13:08:00

トライアスロン大会事故予防

「NPO救命おかやま講演会2018」にてトライアスロン大会事故予防について
発表の機会を頂きました。
事故を防ぐには、危険が予測される状況で大会を開催しない。体調不良時は大会に
参加しない。仮に大会に参加し、スタートしても勇気を持って途中棄権する。
大会開催側もローカルルールを作り、積極的に選手に声をかける。など、
意識する事が大切です。
トライアスロン、マラソンは他の競技と違って、トップを争うエリート選手と
一緒にスタートする事が出来る競技です。
過去のトライアスロン大会において、オリンピック・世界選手権出場レベルの選手に
死亡事故は起きていません。一般アスリートの中高年層で事故は発生しています。
ついつい実力以上に頑張ろうと張り切ってしまう事も一因かと思われます。
今年は倉敷、高松、湯原など各大会が様々な理由で中止となりましたが、
大会がなくても日々のトレーニングを続ける事が大切です。
あくまでも、毎日のトレーニングや大会への参加は、健康な身体・精神を
得ることが目的だと言う事を忘れないようにしたいものです。

2018-09-26 13:20:41

2018 そうじゃ吉備路マラソン

2/25 薄曇りですがランニングしやすい天候のなか大会が開催されました。
吉備路マラソンは岡山マラソンと違って、フルマラソンの他800mや1500mの
ファミリーマラソンまで7種目があり、参加者は自分の力に合わせて
出場出来ます。家族全員がそれぞれ走り終え、記念撮影をしている様子も
あちらこちらで見受けられました。
どの大会でも久しぶりにお会いする選手仲間と挨拶を交わすのは楽しい
ひと時ですが、この日は特に大学で私の講義を勉強されていた松下菜摘選手が、
現在天満屋陸上部で活躍され、招待選手として紹介される姿を見るのは
とても嬉しい事でした。
私のランは残念ながら反省点の多いタイムでした。これからもしっかりトレーニングを
積み重ねていきたいと思います。
大会関係者、多くのボランティアの皆様有難うございました。

2018-03-01 10:46:22

おかやまマラソン2017

最高のコンディションで大会は開催され、男女とも優勝タイムは大会新記録でした。
私はドクターランナーとして連続3回目の参加でした。過去2回の大会において
私の周りでは救護要請はありませんでしたが、今回は24km地点でAEDによる
救命処置を受けた選手の救急車に同乗しました。最初に駆けつけて処置をされた
一般参加の医師の方、ドクターランナーの先生方、有難うございました。
私の今年のレースは24kmで終了した為、ジップアリーナの本部に報告行った際頂いた
メダルは完走者のそれとは異なるものでした。備前焼のメダルにはFINISHERではなく
THANKSと書かれてあり、真田紐は黄色でした。
11/15現在、搬送された男性は入院リハビリ中で、1週間後には退院予定のことでした。
本当に良かったです。
常に自分の身体の声に耳を傾け、無理せず楽しくトレーニングを続けていきたいと
思います。

2017-11-20 15:39:23

夏が終わって

今年の夏はスタンダードタイプのトライアスロン3レースに出場予定でしたが、
3つ目の児島のレ-スは、台風接近のため、3日前に中止決定となりました。
レースに出場するためのトレーニングであると共に、日々の練習の
延長線上・通過点にレースがあると考え、普段から3種目トレーニングを積み重ね
健康を保つことを大切にしたいと改めて思いました。

2017-10-27 10:10:00

6時間リレーマラソン

毎年、リレーマラソンは医療班として参加していましたが、
今年はクリニックのスタッフと患者さんでチームを作り出場しました。
あいにく小雨の天気でしたが、チーム8名力を合わせて無事に襷を繋いで
楽しく走ることが出来ました。
金甲山駅伝、えびす駅伝などで襷渡しの経験はありましたが、
周回を重ねるリレー形式はメンバー全員の力走が見えて、
また違った感動があり、とてもいい思い出となりました。

2017-10-27 10:05:00

2017そうじゃ吉備路マラソン

吉備路マラソン10㎞コースに2年ぶりに参加しました。
最高の天気の中、楽しく走ることが出来ました。
自分のゴール後、ハーフマラソン出場の招待選手、川内優輝、秋山雄飛、両選手の
ゴール前の力走を見る事が出来ました。
素晴らしいスピードでした。
私はキロ5分ペースでしたが、老若男女を問わず、大勢のスピードランナーに
驚きました。普段からハードなトレーニングを積極的に取り入れている方が多いのは
承知していましたが、改めてとてもいい刺激になりました。
筋力トレーニング、ストレッチもしっかりとこなして、また頑張ります。

2017-03-07 19:13:03

第2回おかやまマラソン

11/13 素晴らしい天候の中、昨年と同じくドクターランナーとして参加させて頂きました。
大会全体を通して大きなトラブルは無く、無事に終了しました。
近年ではランニングポリス、サイクルポリス、ドクターランナー、自転車AEDなど
安心・安全のため、そして多くの方々に大会を楽しんでもらうために、様々な取り組みが
なされています。
ゴールの競技場近くになって、沿道で応援をされている方、また一緒に走っている
ランナーから「ドクター有難うございました。」と声をかけて頂いた時には、
走って良かったとつくづく思いました。

2016-11-30 13:10:36

平成28年 今年のトライアスロン大会

今年は5月から10月までの間に4つのトライアスロン大会に参加する事が
出来ました。マーシャルのきっちりしたJTUポイント大会をはじめ、
ボランティア中心のほのぼのとした大会など、どの大会もそれぞれ
思い出深いものになり、出場して良かったと思っています。
競技を始めた30年前と比べ、現在、競技者数はかなり増えました。
私は元々、トライアスロンという種目が特別に過酷という意識は持っていませんから、
これまで多くの方々に、複合種目であるトライアスロンという競技への参加を
勧めてきました。
レースに関してもトップを目指す選手、また家族旅行を兼ねて各地の大会を
楽しむ人など様々です。
全てのアスリートに共通した大切な事は、一年を通して3種目のトレーニングを
日々目標を持って取り組む姿勢です。
これは生活習慣病の食事・運動療法に通ずるものがあります。
毎日のトレーニングから健康な生活を得たいものです。

2016-11-30 13:09:20

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5